平和土地の不動産評価業務

平和土地では、賃貸不動産管理等、不動産に関するお悩みに対して、様々な観点からアドバイスをさせて頂くことが可能です。
下記以外のご相談でも承っておりますのでお気軽にお申し付け下さい。

借地借家
平成4年8月に新「借地借家法」が施行されました。

いくつかの改正点の中の最大のポイントは、「定期借地権」の制度が創設されたことです。

これにより、契約期間が満了した場合、従来必要とされた「正当事由」の有無を問わず、借地権は消滅するという画期的な改正でした。 これにより「土地は一度貸すと半永久的に戻ってこない」また「高額な立退料が発生するのでは」という不安が払拭されました。貸家についても同様の趣旨(正当事由や立退料を要しない)の「定期借家契約」が可能となりました。この部分は平成12年3月から施行されています。期間満了によって、貸した土地あるいは建物は所有者に返りますので、不安無く安定した収入を計上することが可能になりました。有効利用できていない土地・建物を所有されておられましたら是非一度ご相談ください。(初回の相談に関しましては費用は頂いておりません。※但し、出張が必要な場合等、実費をお願いするケースがあります。)
デューデリジェンス
デューデリジェンス評価法600項目に基づき、物件を正しく調査・分析するための総合不動産評価法のグローバルスタンダードで、近年、日本でも脚光を浴びてきている評価法です。デューデリジェンスのご相談もお気軽にお申し付け下さい。この業務は現在準備中です。業務としては インスペクションまたはエスクロー調査で対応できますのでそちらをご利用ください。
相続
資産(とりわけ不動産)を相続する場合や事業承継にあたっては、その評価額がどのようなものか、大変重要な問題となります。相続税の納税対象者はおよそ5%に過ぎない、ともいわれますが当事者にとっては高額な税が発生する可能性のある問題です。土地の利用の仕方によって評価額に大きな差が生じることは事実ですので、準備や予定が大切です。税の専門家と協議して現況を把握し、適法な対策を講じるお手伝いをいたします。(初回の相談に関しましては費用は頂いておりません。※但し、出張が必要な場合等、実費をお願いするケースがあります。)
インスペクション
土地調査や建物診断を行います。このような方に有効です。
特定の不動産の購入を検討されている方で、より正確にまた客観的にその不動産を把握したいと考えておられる方。
(この調査に当たっては現在の所有者の承諾が必要となります。)
業務にあたっての責任範囲などがありますので詳しくはメールもしくは電話にてご確認ください。本業務は有料になります。
査定業務
所有されている不動産の現在の評価を最新のデータに基づいて査定いたします※。不動産評価にはいくつかの手法があります。

当方の査定とは、主としてマーケット上での取引に関わる売却希望価格=いわゆる物件に付された価格=や取引事例(広告による売却済価格を元にした評価)を、現在及び直近のデータに基づいて査定いたします。よってより精度の高い査定を行うことが可能です。次のような方に有効です。
(1)融資を受けるために担保価値が知りたい。
(2)売却を前提として、いくらくらいの評価か事前に知りたい。
(3)購入を予定されている方の予算建てのため希望する地域でどれくらい物件があるのか、どれくらいの規模の不動産の購入が可能かの見当をつけたい※不動産の評価は、いくつかの種類があります。当社のご提示する価格は市場で成立する価格を前提にしています。(他に、国土法による基準地価格・地方で実施する地価調査による調査地価格・自治体による固定資産評価、及び路線価があります。)これらは査定の内容にもよりますが、基本的に相談料は頂いておりません。(発行するデータの実費分はご負担ください。)詳しくはメールもしくはお電話でご確認ください。なお、京都市及び一部府下以外は対象となりませんのでご容赦ください。
資産運用
不動産は、所有していることにより間違いなくコスト(税負担)が発生します。また、建物は利用しないことによって傷みを加速する場合もあります。よって、担税力のある不動産にすることを考える必要があるのではないでしょうか?ここで気になるのが賃貸すると借主に何がしかの権利が発生し、なかなか返してもらえないのでは?、という不安でしょうか。いいえ、土地の賃貸借も、建物の賃貸借も、定期借地権あるいは定期借家契約の制度を利用し、手続きを正しく行いさえすれば、そのような心配はありません。検討してみよう、とお考えの場合は是非一度ご相談ください。

ご相談だけでも、また実際に結果が出るまではご費用はいただいておりませんので、遠慮なくご相談ください。(但し、京都市内及び府下以外のご相談は情報不足の為お受け致しかねます。ご容赦ください。)